■大川護郎(おおかわごろう)

1972年7月2日、兵庫県生まれ
姫路市に育ち、小学生の時に親の会社が経営破綻、貧困生活を送る
1987年 中学卒業後読売DC入社(新聞販売業)朝刊や夕刊の配達業務
23歳の時にコツコツ貯めたお金で不動産投資を始める
2003年 収益不動産1室購入
2009年 中古収益物件の不動産賃貸再生事業の開始
2010年 7棟49世帯・駐車場24区画を所有
2011年 16棟132世帯・駐車場66区画を所有
2012年 31棟353世帯・駐車場117区画を所有
2013年 61棟798世帯・駐車場229区画を所有
株式会社ANGELO設立
大阪本店で本格的に大阪に進出
2014年 103棟1,365世帯・駐車場554区画を所有
株式会社Ysng設立(新聞販売業)
27年間勤めた新聞販売会社を退社
大阪中百舌鳥にて新聞販売業を開始
2015年 136棟2,210世帯・駐車場944区画を所有
2016年 169棟3,321世帯・駐車場1,488区画を所有
2017年4月 ANGELO会設立
   12月 205棟4,028世帯
2018年12月 296棟5,008世帯・駐車場2,712区画を所有
2019年1月 サッカーJリーグ「サガン鳥栖」スポンサー契約
   2月 303棟5,024世帯・駐車場2,733区画を所有
家賃収入を含めた総年間収入が50億円までになる。

近年、全国のセミナーなどで「ゼロ賃貸」構想を発表し、大反響を浴びる
TOKYO MX「シゴト手帖」・テレビ東京系列「じっくり聞いタロウ」をはじめ、多くのテレビ番組に出演
著書:
「新聞少年で4903世帯の大家になった秘密の話」(ぱる出版)
「家賃ゼロ賃貸構想が日本の常識を変える」(幻冬舎)