■増田和郎(ますたかずろう)

1950年、高砂市生まれ。
1973年、関西学院大学卒業後、神戸新聞社に入社。
社会部記者、僚紙のデイリースポーツ記者として、サツ回りや行政担当のほか、江川問題(江川番)、読売ジャイアンツなど主にプロ野球を担当。
1989年から自動車レースの最高峰であるF1担当として、日本の新聞記者で初めてF1グランプリ全16戦を海外完全取材。1995年6月には、イケメンF1ドライバーのジャン・アレジ(フランス)と国民的美少女といわれた女優・後藤久美子(ゴクミ)の婚約をスクープした。
2008~2012年、北播総局長。2012~2017年、姫路支社長。2017年3月、退職。
同年12月から、自殺予防のボランティア団体である社会福祉法人「はりまいのちの電話」理事事務局長。

著書: 「F1全16戦の真実」(1992年、リム出版新社)
「ナマで録った F1潜入比較ファイル」(1992年、青春出版社)
「兵庫県の難読地名がわかる本」(2006年、神戸新聞総合出版センター、編著)